集落がアートになった街~釜山・甘川文化村
 2012/12/10 改:2016/07/06 吉村剛史(トム・ハングル)

釜山の甘川文化村(カムチョンムナマウル)。2009年のプロジェクトで集落全体がアートになったこの街は、もともと朝鮮戦争の避難民たちが集まってできたところ。家はカラフル、街のあちこちには彫刻やきれいなタイルなども。干してある洗濯物さえもが景観のようです。順路どおりに歩いていくと民家の合間をすり抜けるように歩くところも。みなさんが住んでいるところですのでくれぐれも迷惑にならないように気を付けましょう。
見学可能時間:9~18時(夏季)9~17時(冬季)


2021年1月15日発売の新刊『ソウル25区=東京23区』(吉村剛史 著)が予約受付中です。ソウルの街を東京に本気で例えて書いた作品で、これを読めば韓流ドラマやK-POPで登場する町への理解が深まります。Amazon楽天



  • 韓国旅行に役立ちそうならシェア→


このページの先頭へ